トップページ プロフィール 工場案内 所在地 リンク 掲示板 ブログ メール


工 場 案 内 (きものが出来上がるまで)

No. 行    程
1) 伊勢型紙を白生地の上に置き、柄付けをする行程
2) 染料を調合しているところ
3) 柄付けした白生地に地色を染めるところ
4) 水洗い
上の項目をクリックするとそこへジャンプします



1) 伊勢型紙を白生地の上に置き、柄付けをする行程           (このページのトップにもどる)
伊勢型紙を洗っているところです 伊勢型紙を正確に白生地の上に柄付けする
伊勢型紙を透かして見たところ
2) 染料を調合しているところ (このページのトップにもどる)
3) 柄付けした白生地に地色を染めるところ (このページのトップにもどる)
柄付けした生地を平らな長い板の上に地色の
糊を一面に、この作業をシゴキと言います  
糊を垂らしてゆきます
木製の大きなヘラで平らに伸ばしてゆきます
白生地全体にムラなく均等に伸ばします
挽粉を散りばめた上に置きシゴキした生地に
まぶします。これは、蒸しの最中に隣の生地
と接触しても汚れない為です          
このようにのりでパックされて
表面はピカピカに光っています
挽粉の上に置いた状態 これがその上から木屑をまぶした状態
蒸し室に入れる前の段階で 
このような木枠にセットして 
蒸す室に入れる準備をします
これが蒸し室の頑丈な扉です
扉を開けると、蒸気が吹き出して来ます
100度以上で30分〜1時間蒸します 
白生地に地色が定着したところ           
今、蒸し上がった布地を二人がかりで
運び出しているところです
      
蒸し終わった布地は、一端ぶらさげて置き その一枚を新聞紙の上に載せて
洗い場へと運びます
4) 水洗い (このページのトップにもどる)
京都北山の豊富な地下水を
ポンプでくみ上げ水洗します
この北山の地下水は、京都の銘酒や
染物に大きな力となっています
そして、乾燥させてこのような反物が完成です。
よろしかったら、ご自分の目でその行程を
ご覧ください。
喜んで、ご案内させていただきます。
最後までご覧いただき誠に
ありがとうございます。
何かご不明な点がありましたら、
どうぞお気軽に私にお尋ねください。
お電話、メールをお待ちしています。
(このページのトップにもどる)